memorandum

進捗報告&備忘録

『何だって知ってた』解説

2019年-2020年の年末年始、同人サークル仲間の唯野くんとネーム交換の遊びをしました。
同じお題で、ネームを描き、それを交換して作画をする、というもの。

「何にしようか」と二人で相談して、お題系のshindanmaker(どれかは忘れてしまった)を回しました。

出てきたお題は「何だって知ってた」。セリフでもニュアンスでも何でもOKということにして、2ページ漫画を描くことに。

上記の作品は、私、澤島がネームを描いて、唯野くんが作画をしたものです。

ここでは澤島のネームを解説します(唯野くんからの許可は得ました)。

字ネームは下記の通りです。ここからネームを起こし、唯野くんにバトンタッチ。

何だって知ってた。
風の形も、花の悲しみも。
でも、いつの間にか、こぼれおちていってしまった。
私が、貴方を、殺してしまったその日から。

 

ノローグのみの、とても抽象的な小話になったのですが、一言で言えば、これは「ピュグマリオン・コンプレックス」の話です。

舞台は20世紀米国首都ワシントンDC、桜の季節(ワシントンDCには日本の桜があるんです)。

生涯共に過ごしてきた空想上の「伴侶(=女性)」への愛の詩を綴り続けた男。彼女の素晴らしさを広めるために、詩を出版社へ持ち込んだ男は、運良く華々しいデビューを遂げます。

そして、その後「売れっ子詩人」として彼女についての詩を書き続け、出版し続けるうちに、「純愛」の詩は、いつの間にか20世紀米国という「大量生産、大量消費」の波に溺れてしまった。本来、芸術であり自己表現であるはずの「詩」は、単なる「消費」へと変容した。

だから「貴方を、殺してしまった」。

20世紀初頭の資本主義社会米国における出版業界の「大量生産、大量消費」という波に、身を任せているうちに、芸術は消え、陳腐化し、詩人の男は、大切に心から愛してきた彼女を「消費」の対象へと変えてしまった。

その罪に気付いてしまった。

そういうお話でした。



唯野くんがネームを描き、私が作画をしたのがこれ↓

唯野くんが、セルフ作画をしたのがこちら↓

唯野くんは漫画がうまい……。本当にうまいな……。画面の隅々までにメキシコ愛がある……。コマ割りもうまいし、遊び心があるし、本当にうまいな…………。

同じセリフでも、まったく違うお話ができるので、ネーム交換は楽しいし、良い経験になりました。

おわり🌱

(c) 2017-2020 Yoe Sawashima