memorandum

進捗報告&備忘録

『ソロモンの箱』設定画

メインの二人

以前この記事で語ってた三つ目の短編のキャラクター設定画。

少しアングラなガールミーツボーイがやりたいなっていう創作です。影のある黒髪の男と影のない黒髪の女が好き。

やりたい放題したら流血描写、薬物描写、過激な発言、多々ある感じになったので、頒布時はちゃんと注意書きしようと思います。

先日4時間くらいかけてプロットをお絵かき帳の1ページに練っていたら、いい感じにまとまったのですが、『珊瑚の夢』よりも長くなりそうで震えています。120頁以内に収められるように頑張らないと。そうすると、20~30頁ずつの分割の方が作業しやすいのかな? もう少し考えてみよう。

トーンは60線固定の基本50%と20%のみ。影入れる時は場面に応じて20%、40%、60%を乗算。ペンはスピードペン固定(と背景に細いGペン)。制限するとやりやすいな、と思いました。

 

ちなみに

ノエ・ソロモン
 = ノアの箱舟の「ノア」 + ソロモン王の「ソロモン」

エマ・レイナ
 = ノアの妻の英名「エマ」 + シバの女王の「女王(Reina)」※スペイン語

対照的になるように雰囲気で決めました。

作品そのもののテーマは『隣人を愛する(=慈愛)とは何か?』…みたいな、そんな雰囲気を感じられるようなお話にしたい。

これから字ネーム作業です。

 

余談

以前、企画立案していた『水の箱庭』がどうなったかというと、なんだかメッセージ性に欠けたお話になりそうだったので没にしました。

『約束の記憶1968』の原稿は途中で止まったっきり。一昔前のやり方なので、トーンが多くてやりにくいんですよね…。ぼちぼち進めようとは思います。

(c) 2017-2020 Yoe Sawashima